ポスティングの効果(反響)を上げたい②

今週も名古屋はグダグダした天気が続き突発的な豪雨にビビりながらのポスティングです。

昨日の続きで、ポスティング業務において少しでも反響を上げる為に何をするかということを取り上げます。今回はその②です。

その2.チラシの向きに気を付ける

チラシは1秒で捨てるかどうか決められると言われています。

つまり1秒以内に相手に「ん?」と思ってもらわなければ、捨てられる可能性が高いということです。

となれば、その1秒の勝負においてチラシの向きは非常に重要になって来ますよね?

例え、魅力的な広告内容だったとしても、住人の目には一切入ることもなく捨て去られてしまうのです。

伝えたい内容が大々的に書かれている面を表、書かれていない面を裏として、表向きだけで入れた場合、裏向きだけで入れた場合のABテストを行えば、結果は大きく変わると予想されます。

裏表だけではなく、前後左右も気にして投函すれば、やはり配布数が大きくなるほど差は出てきそうです。

といったように、少しでも反響を高める為チラシの向きにも注意している次第ですが、それを阻む大敵がこれ。

気を抜くとどっちに転ぶかわからない縦型ポスト!

狙った逆サイドに倒れられると悪夢の裏面ポスティング…

指先でチョイっと勢い付けて狙った方向に倒す作戦で戦ってますが、勝率100%とまでは行ってません…

まだまだ修行が必要です。

名古屋市北部、春日井市南部で反響に全てをささげるポスティングを行ってます!
100部~承ってますのでお気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です